現在首都圏を中心に風しんに感染する方が急増しています。また、静岡県内でも今年初となる風しん患者さんが報告されています。今後、感染が拡大する可能性がありますので、注意しましょう。

風しんについて

・風しんは、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどを特徴とする病気です。

・風しんウィルスによる感染症で、咳やくしゃみなどの飛沫で感染します。

・風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中(特に妊娠20週頃まで)に風しんに感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴を主な症状とする「先天性風しん症候群」のお子さんが生まれる可能性があります。このため、特に妊娠中の方は、風しんに感染しないように注意することが必要です。また、家族からの感染や職場における感染にも気をつけることが重要です。

予防について

・風しん予防のためには、予防接種が有効です。定期予防接種の対象者(第1期:1歳~2歳未満、第2期:小学校入学前の1年間)は早めに接種をするようにしましょう。

・風しんの罹患歴がなく、ワクチン接種歴がないまたは抗体検査で免疫があることを確認できない場合は任意でのワクチン接種ができます。

 ※妊娠中または妊娠の可能性がある場合、予防接種を受けることはできません。

 ※ワクチン接種後2ケ月程度は妊娠を避けてください。

・飛沫のより感染することから、外出後は手洗いをしっかり行いましょう。

・発熱、発疹など風しんを疑う症状がある場合は、あらかじめ医療機関に連絡の上受診してください。受診の際など外出時にはマスクを着用し、妊婦との接触を避けましょう。

 

風しん抗体検査・予防接種費助成制度について

 吉田町では、風しんの抗体価が低い妊婦さんの配偶者や同居家族などに対し、風しん予防接種費の一部助成を行っています。(詳細については  https://www.town.yoshida.shizuoka.jp/4144.htm  を参照ください。)

 また、静岡県では風しんの抗体検査を無料で実施しています。(要件あり)

詳細については、 下記の静岡県のホームページをご確認ください。

http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-420a/yobousessyu/rubella.html

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください