吉田町では、不妊治療を受けるご夫婦の経済的負担を軽減するため、医療保険の適用とな人工授精に要する費用の一部を助成する「吉田町一般不妊治療費助成事業」を行っています。

 ※「一般不妊治療費」については、令和4年4月から医療保険適応となったことから、令和3年度以前に開始し、治療終了日が

 令和4年度中になる(年度をまたぐ)治療については、経過措置として、1回のみ助成とします。(申請期限:令和5年3月31

日まで)

 

 

根拠となる要綱等

吉田町一般不妊治療費助成金交付要綱

概要(対象となる条件、補助額等)

【概要】

一般不妊治療(人工受精)に要する費用の一部を助成する

【対象】

吉田町に住所を有し、法律上婚姻している夫婦又は事実上婚姻関係と同様の事業にある男女で、一般不妊治療を受けた方

(要件):治療開始日における妻の年齢が40歳未満

     夫婦の前年合計所得額が730万未満(1月から5月の間に申請する場合は前々年の 

     所得)

【助成額】

限度額:通算6万3千円

【助成期間】

助成開始月から継続する24か月(他市町で同事業の助成を受けた期間を含)

 ※所得の計算方法については下記をご参照ください。

所得の計算方法

申請方法

 

一般不妊治療終了日の属する年度内に、健康づくり課へ下記書類を持参する。(1月から3月に受けた治療については、治療終了日から90日以内)なお、同意書により省略できる書類がありますので事前にお問い合わせください。

1 吉田町一般不妊治療費助成金交付申請書(様式第1号

2 吉田町一般不妊治療受診等証明書(様式第2号

3 事実婚姻関係に関する申立書(様式第3号)

  ※事実上婚姻関係にある男女のみ

4 吉田町一般不妊治療費助成事業に関する同意書(吉田町一般不妊治療費助成事業に関する同意書

5 一般不妊治療を受けた医療機関発行の領収書

6 夫婦の所得額を証明する書類

※今年の1月1日に吉田町に住所がある方は「吉田町一般不妊治療費助成事業に関する同意書」 

 にて、町で所得の確認ができる場合には省略可能

7 申請者の振込先金融機関の通帳

<案内ちらし>

R4 吉田町一般不妊治療費助成事業案内ちらし.pdf

 

問い合わせ先

健康づくり課 (電話)32-7000