新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための一般向けガイドを日本赤十字社が作成しましたのでご紹介します。

 このウイルスとの戦いは、長期戦になるかもしれません。

 それぞれの立場でできることを行い、みんなが一つになって負のスパイラルを断ち切りましょう。

 新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~(日本赤十字社静岡県支部HP)

新型コロナウイルス感染症に対する町の対応方針(令和2年5月15日第10回対策本部会議)

第10回吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部会議が令和2年5月15日に開催されました。

会議資料は次のとおりです。

新型コロナウイルス感染症に関する対応方針【第4報】

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について改訂されました

 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について改訂されましたのでお知らせいたします。

 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について(令和2年5月8日版)

 静岡県帰国者・接触者相談センターについて(令和2年5月14日版)

 静岡県新型コロナ受診相談センター

最新情報(令和2年5月8日)

 第9回吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催されました。

 町の対応方針、小中学校の対応等は次のとおりです。

 町の対応方針、小中学校等の対応

 新型コロナウイルス感染症に関する対応方針【第3報】

 休館・利用制限施設一覧(R2.5.8現在)

 新しい生活様式の実践例(厚労省)

 

新型コロナウイルス感染症の影響により町税納付が困難な方に対する猶予制度について

徴収猶予

 新型コロナウイルス感染症に納税義務者(ご家族を含む。)がり患された場合のほか、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして以下のようなケースに該当する場合は、猶予制度がありますので、税務課収納管理部門にご相談ください。(徴収猶予:地方税法第15条)

(ケース1)ご本人またはご家族がり患した場合

納税義務者ご本人または生計を同じにするご家族が新型コロナウイルス感染症にり患した場合

(ケース2)事業を廃止し、または休止した場合

納税義務者の方が営む事業について、新型コロナウイルス感染症の影響によりやむを得ず休廃業した場合

(ケース3)事業に著しい損失を受けた場合

納税義務者の方が営む事業について、新型コロナウイルス感染症の影響により利益の減少等著しい損失を受けた場合

(ケース4)財産に相当な損失が生じた場合

新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で、消毒作業等が行われたことにより備品や棚卸資産を廃棄した場合

徴収猶予申請が認められた場合

   徴収猶予に関する申請書を提出していただき、徴収猶予が認められた場合は、下記の措置を受けることができます。

  • 収支状況に応じて猶予期間内に計画的に納付をすることができます。(分割納付)
  • 徴収猶予期間中の延滞金の全部または一部が免除されます。
  • 財産の差し押さえや換価(売却)が猶予されます。

猶予制度の特例制度についてのご案内

問合せ先

   吉田町役場 税務課収納管理部門

   TEL 0548-33-2109

新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について

 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少し、国民年金保険料の納付が困難となった場合、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除の手続きが可能になります。

 

 

1 対象者

以下の2点をいずれも満たした方が対象になります。

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少

(2)令和2年2月以降の所得状況からみて、当年中に見込まれる所得が、国民年金保険料の免除の基準適用相当になることが見込まれること

 

※全額免除となる所得の目安…{(扶養親族の数+1)×35万円}+22万円

 

 

2 対象期間

令和2年2月分から6月分まで

※令和2年7月分以降につきましては、7月以降に申請をしていただく必要があります。

 

 

3 申請に必要なもの

(1)国民年金保険料免除・納付猶予申請書

(2)簡易な所得見込額申立書(臨時特例用)

※上記の書類につきましては、吉田町役場町民課国保部門の窓口にございます。

日本年金機構ホームページ(外部サイト)からのダウンロードも可能です。

 

 

4 提出先

吉田町役場町民課国保部門またはお近くの年金事務所

 

 

5 問合せ先

吉田町役場 町民課国保部門

TEL 0548-33-2103

 

 

新型コロナウイルス感染症対策本部からの最新情報です(R2.5.5)

・吉田町の休業要請について

 町内の飲食店・宿泊施設(※静岡県が対象とした施設を除く)に対して行いました休業要請は、予定通り5月6日(水)までとします。

 

・県の休業要請と協力金について

 県では、主に他県からの移動が予想される施設を対象とし、5月7日(木)~5月17日(日)の期間の休業に対して、協力金を支給することとされました。(町からの協力金の上乗せ措置はありません。)

 ※県協力金の対象施設は、今後示される県ホームページをご参照ください。

 

 今後、新型コロナウイルス感染症の拡大の状況を踏まえて対応が変わる場合や新たな対応を行う場合には、町ホームページ、よしポケNEWS等にて連絡します。

新型コロナウイルス感染症に対する町の対応方針(令和2年5月1日第8回対策本部会議)

 第8回吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部会議が令和2年5月1日に開催されました。

 会議資料は次のとおりです。

 対策本部会議資料(R2.5.1)

 休館施設一覧表(R2.5.1現在)

 

新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について(国民健康保険・後期高齢者医療制度)

 国民健康保険、後期高齢者医療制度の被保険者が新型コロナウイルス感染症に感染した場合、または発熱等の症状があり感染が疑われる場合で、その療養のために労務に服することができなかった期間において傷病手当金を支給します。申請をされる場合、事前に電話でお問い合わせください。

 

1 対象 

吉田町国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入している被用者(給与等の支払を受けている方に限る)で、新型コロナウイルス感染症に感染した方

または発熱等の症状があり感染が疑われる方で、労務に服することができない方

 

 

2 支給対象となる日数

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から、労務に服することができない期間

※新型コロナウイルス感染症(発熱等の症状があり感染が疑われる場合を含む)によらない休暇や勤務予定がなかった日は除く

 

 

3 支給額

(直近の継続した3か月間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額)×3分の2×支給対象となる日数

※給与等の全部または一部を受けることができる場合は、支給額が調整されたり、支給されない場合があります。

 

 

4 適用期間

令和2年1月1日から9月30日までの間で、療養のために労務に服することができない期間(ただし入院が継続する場合などは、健康保険と同様、最長1年6か月まで)

 

5 問合せ先

吉田町役場 町民課国保部門

TEL 0548-33-2103

 

【5月8日更新】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う休業要請及び協力金の支給について

 令和2年4月23日、静岡県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、施設管理者に対し、感染拡大につながるおそれのある施設の使用停止及び催しの開催の停止要請を決定しました。
 本町では、この決定を踏まえ、新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、町内の飲食店、宿泊施設に休業要請を行うとともに、町の協力要請に応じた事業者に対して、吉田町新型コロナウイルス感染拡大防止協力金の支給を行うこととしました。

 

1 休業要請対象事業者及び休業要請期間

①吉田町の休業要請対象事業者 (休業要請期間 令和2年4月29日(水)~令和2年5月6日(水))

飲食店

食堂、レストラン、専門料理店、そば・うどん店、すし店、酒場(居酒屋など)、喫茶店、

その他、調理した飲食料品を店舗において飲食することが可能な店舗

宿泊施設 ホテル、旅館

休業要請及び協力金についてのプレスリリース.pdf

 

②静岡県の休業要請対象事業者の一例(休業要請期間 令和2年4月25日(土)~令和2年5月6日(水))
劇場等 劇場、観覧場、映画館、演芸場 

運動、

遊技施設

体育館、水泳場、ボウリング場、スポーツクラブなどの運動施設、マージャン店、パチンコ店、ゲームセンターなどの遊技場 
遊興施設 キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、バー、個室付浴場業に係る公衆浴場、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場、ライブハウス等 

集会・展示施設

集会場、公会堂、展示場、博物館、美術館、ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る。)[※図書館を除く] 
商業施設 生活必需品以外の物品を販売する店舗、生活必需サービス以外のサービス業を営む店舗 
学習塾等 自動車教習所、学習塾、その他学習支援施設 
※集会・展示施設、商業施設、学習塾等については、その建築物の床面積が千平方メートルを超えるものに限る。

 

静岡県の休業要請対象事業者の一覧はこちら

休業要請対象事業者一覧

 

 

2 吉田町新型コロナウイルス感染拡大防止協力金の対象者

・吉田町内に店舗がある飲食店及び宿泊施設の事業者(中小企業及び個人事業主に限る)であり、下記要件①または②を満たす事業者

中小企業者(サービス業)・・・資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

 

3 要件

・①または②の要件を満たす事業者

① 吉田町が休業要請を行う対象事業者であり、令和2年4月29日(水)~令和2年5月6日(水)の期間に休業を行った事業者

※ 飲食店が休業期間中にテイクアウトやデリバリーを行う場合も対象とします。

② 静岡県が休業要請を行う対象事業者であり、令和2年4月27日(月)~令和2年5月6日(水)の期間に休業を行い、静岡県から感染拡大防止協力金の交付を受けている事業者

 

※静岡県が追加で休業要請を行った、令和2年5月7日(木)~令和2年5月17日(日)の期間の休業に対する協力金の支給については、町からの協力金の上乗せ措置はありません。

 

4 協力金額

①吉田町の休業要請対象事業者 30万円

②静岡県の休業要請対象事業者 10万円(静岡県の協力金を交付されている事業者への上乗せとして実施)

 

5 申請受付期間

・令和2年5月7日(木)~令和2年6月30日(火)予定

 

6 申請書類

申請様式は以下からダウンロードしてください。パソコンが使用できない方向けに吉田町役場産業課、吉田町商工会にも配架しています。

申請の流れは吉田町の休業要請者と静岡県の休業要請者で異なります。以下の手引き及びよくある質問等をご確認ください。

 

① 吉田町の休業要請対象事業者

(様式第1号) 協力金支給申請書兼協力誓約書 .pdf

(様式第1号) 協力金支給申請書兼協力誓約書 .docx

(様式第2号) 暴力団等排除誓約書.pdf

(様式第2号) 暴力団等排除誓約書.docx

・県が発行する営業許可証の写し(飲食店営業許可等)

・直近の町税申告書類の写し(法人:法人町民税申告書 / 個人:確定申告書)

・休業を示す表示及び店舗全景が確認できる写真

・振込口座の通帳の写し(金融機関名、支店名、口座番号、口座種別、口座名義人(カナ)の記載箇所)

 

② 静岡県の休業要請対象事業者

(最初に静岡県への申請を行い、静岡県からの交付決定後町へ申請してください。)

静岡県の休業要請及び協力金の申請方法はこちら

 

(様式第1号) 協力金支給申請書兼協力誓約書 .pdf

(様式第1号) 協力金支給申請書兼協力誓約書 .docx

(様式第2号) 暴力団等排除誓約書.pdf

(様式第2号) 暴力団等排除誓約書.docx

・静岡県の協力金支給決定を証する書類の写し

・振込口座の通帳の写し(金融機関名、支店名、口座番号、口座種別、口座名義人(カナ)の記載箇所)

 

※ 申請書類に不備がある場合、支払時期が遅れる場合がございます。

※ 上記に追加し、提出書類を求める場合があります。

 

吉田町協力金よくある質問等(R2.5.8).pdf

吉田町新型コロナウイルス感染拡大防止協力金申請手引き(申請書記載例) (R2.5.8).pdf

 

 

7 申請方法

郵送での受付 (窓口の混雑による感染拡大防止のため、以下の宛先へ郵送により申請してください。)

郵送先住所 〒421-0395 静岡県榛原郡吉田町住吉87番地 吉田町役場産業課(協力金担当窓口)宛

 

やむを得ない事情がある場合は、吉田町役場産業課まで持参により提出することを認めます。

受付時間 平日 午前8時30分から午後5時まで

 

8 問合せ先

・休業要請について

吉田町役場防災課防災部門

TEL 0548-33-2164

MAIL bousai@town.yoshida.shizuoka.jp

 

・協力金について

吉田町役場産業課商工観光水産部門

TEL 0548-33-2122

MAIL sangyou@town.yoshida.shizuoka.jp

政府の専門家会議より「人との接触を8割減らす、10のポイント」が発表されました

 4月22日、政府の専門家会議より、「人との接触を8割減らす、10のポイント」が発表されました。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止に、より一層のご協力をお願いいたします。
 人との接触を8割減らす、10のポイント(PDFファイル1ページ)

 人との接触を8割減らす、10のポイント

 詳細は、厚生労働省公式ホームページ(クリックするとリンク先へ移動します)をご覧ください。

厚生労働省より「3つの密を避けるための手引き」が公表されました

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に、より一層のご協力をお願いいたします

 3つの密を避ける手引き(PDFファイル4ページ)

3つの密を避けるための手引き

静岡県内に帰省・来訪される皆様へ(新型コロナウイルス感染症を防ぐための静岡県からのお願い)

あなたの行動が、ご家族・知人・県民の命を守ります。

帰省された方へ
自宅やホテルで2週間の健康観察と行動の記録をお願いします。(別紙)
ご家族が感染しないよう、食器やタオルの共有を控えるようお願いします。
ドアノブなど、手で触れる箇所は、こまめに消毒するようお願いします。
来訪された方へ
夜間の外出、特に接待を伴う店への訪問をお控えくださるようお願いいたします。

※静岡県内に帰省・来訪される皆様へ~新型コロナウイルス感染症を防ぐための静岡県からのお願い~
※別紙 健康観察票・行動記録票の様式はこちら(エクセルファイル) 

国が配布する布製マスクについて(厚生労働省からのお知らせ)

 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月7日閣議決定)において、布マスクを一住所当たり2枚ずつ配布することが決定しました。
 日本郵便の全住所配布のシステムを活用し、布製マスクを一住所当たり2枚ずつ配布するものです。
 布製マスクの全戸配布については、下記の効果があると期待されています。

 【 効  果
 ① せきやくしゃみなどの飛散を防ぐ効果があることや、手指を口や鼻に触れるのを防ぐことから、感染拡大を防止する効果
 ② マスクの着用により、喉・鼻などの呼吸器を湿潤させることで風邪等に罹患しにくくなる効果
 ③ 洗濯することで繰り返し利用することができるため、店頭でマスクが手に入らないことに対する国民の皆様の不安の解消や、増加しているマスク需要の抑制により、医療機関や高齢者施設などマスクの着用が不可欠な方々にしっかり必要な量を届けるという効果

 【 配布内容

 ①布製マスク(ガーゼマスク)2枚(個包装)

 ②お知らせ文 1枚(A4サイズを半分に折ったA5サイズ)

 ※上記セットを透明の袋で包み配布します。

 【 配布時期

 4月12日(日曜日)の週の後半以降から、感染者数が多い都道府県から順次、配送を開始する予定です。

 【 布製マスクの全戸配布に関するQ&A

 厚生労働省「布マスクの全戸配布に関するQ&A」(外部サイトにリンクします)

  布製マスクの全戸配布に関する問い合わせ先

 電話番号 : 0120-551-299
 受付時間 : 午前9時~午後6時(土曜・日曜・祝日も対応)

布製マスクについて

新型コロナウイルス感染症に対する町の対応方針(令和2年4月17日第6回対策本部会議)

 第6回吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部会議が令和2年4月17日に開催されました。

 会議資料は次のとおりです。

 吉田町立小中学校における新型コロナウイルス感染症への対応について(4月22日(水)以降の対応)

 休館施設一覧表(R2.4.17現在)

 

町民の皆さまへ(令和2年4月7日)

 4月の文書配布の際に併せて配布をしましたお知らせを掲載します。

 町民の皆さまへ(令和2年4月7日)

新型コロナウイルス感染症の対応について

 新型コロナウイルス感染症は、御高齢の方や持病のある方を中心に2割弱の方は、肺炎の症状が悪化し入院が必要な状態となり、約5%の方が集中治療の必要な重症となります。その約半数の2~3%の方が不幸な転帰をとります。
 町民の皆様におかれましては、決してあわてたりあせったりせず、冷静になって、お一人おひとりが以下の5つのポイントをできる限りを実行していただき、県内に新型コロナウイルス感染症が流行しないように、ご高齢の方や持病のある方をこの感染症からお守りいただくように、どうかご協力をお願いします。

 ・人混み、特に換気の悪い室内に多数の人が集まる場所には、極力行かないようにしてください。

 ・多数の人が触る物(手すり、つり革など)を触ったら、手洗いをするまでその手で顔(特に目鼻口)を触らないでください。

 ・食前食後、出勤時帰宅時、トイレの前後など、こまめに丁寧に(石けんを使って30秒以上)手洗いをしてください。

 ・咳やくしゃみが出るときは、マスクをつけるか、ひじや服のそで、ハンカチなどで口鼻をおおって、しぶきが周りに飛ばないようにしてください。(咳エチケット)

 ・熱や咳・のどの痛みといったかぜ症状があるときは、仕事や学校を休んで、外出やイベントなどへの参加も控えて、自宅で安静にしてください。

密を避けて外出しましょう感染症対策へのご協力をお願いします

新型コロナウイルスを防ぐには新型コロナウイルスを防ぐには2

家庭内でご注意いただきたいこと家庭内でご注意いただきたいこと2

 大きいサイズはこちらになります。(PDFファイル)

 【密を避けて外出しましょう】【感染症対策へのご協力をお願いします

 【新型コロナウイルスを防ぐには】【家庭内でご注意いただきたいこと

『出典:首相官邸HP・厚生労働省HPより』

新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴(3月28日時点)

 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

 集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。

世界保健機構(WHO)によると、現時点において潜伏期間は1~14日(一般的には約5日)とされており、また、厚生労働省では、これまでの新型コロナウイルス感染症の情報なども踏まえて、濃厚接触者については14日間にわたり健康状態を観察することとしています。

<一般的な症状と重症化するリスク>

  発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなることが報告されています。

※新型コロナウイルス感染症の入院期間(中央値):11日間(中国における報告)

  季節性インフルエンザ:3日間

罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されています。一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高いことも報告されています。

※確定患者の致死率2.3%、中等度以上の肺炎割合18.5%(中国における報告)

(季節性インフルエンザ:致死率0.00016%~0.001%程度、肺炎割合1.1%~4.0%)

※年齢ごとの死亡者の割合:60歳以上の者6%、30歳未満の者0.2%(中国における報告)

 帰国者・接触者相談センターについて(24時間受付しております)

 新型コロナウイルス感染症にかかっているかもしれないというご心配の方は、「静岡県帰国者・接触者相談センター」にお電話してください。

 詳しいことにつきましては、静岡県ホームページ(クリックするとリンク先へ移動します)をご覧ください。

電話相談窓口について

厚生労働省

 電話番号:0120-565-653(フリーダイヤル)

 受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

静岡県庁専用相談ダイヤル

 電話番号(1):054-221-8560

 電話番号(2):054-221-3296

 FAX:054-251-7188

 受付時間:8時30分~17時

 

新型コロナウイルス感染症について(静岡県疾病対策課ホームページ)

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房新型インフルエンザ等対策室)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルス感染症についてよくあるお問い合わせ(厚生労働省ホームページ)


  • 上述の(ア)から(オ)に当てはまらない方が、「帰国者・接触者相談センター」に電話をされますと、電話が混み合い、新型コロナウイルス感染症の疑いのある方を適切かつ迅速に「帰国者・接触者外来」へつなげることが困難になる場合があります。
  • 上述の(ア)から(オ)に当てはまらないが、症状や感染について御心配な方は、下記の静岡県庁の相談ダイアル厚生労働省の相談窓口へお電話ください。
  • 新型コロナウイルス感染症に対する町の対応方針(令和2年4月7日第5回対策本部会議)

     第5回吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部会議が令和2年4月7日に開催されました。

     会議資料は次のとおりです。

     新型コロナウイルス感染症情報(R2.4.7)

     休館施設一覧表(R2.4.7)

    新型コロナウイルス感染症に対する町の対応方針(令和2年4月3日第4回対策本部会議)

     第4回吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部会議が令和2年4月3日に開催され、町の対応方針が決定しました。

     会議資料は次のとおりです。

     新型コロナウイルス感染症に関する対応方針【第2報】

     (別添)帰国者・接触者相談センター(県ポスターR2.4.2)

    新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う公共施設などの利用制限について(令和2年3月24日)

    吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部

     新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う公共施設等の利用制限について、高校生以下の利用制限を解除しましたので、お知らせいたします。

     なお、利用の際は、感染リスク(①換気の悪い密閉空間②多数が集まる密集場所③近距離での会話や発声をする の3条件が重なること)を避け、手洗い、うがい、消毒など適切な感染予防対策にご協力をお願いすることといたします。

     休館施設一覧表(R2.3.24)

    新型コロナウイルス感染症に対する町の対応方針(令和2年2月28日第1回対策本部会議)

     第1回吉田町新型コロナウイルス感染症対策本部会議が令和2年2月28日に開催され、町の対応方針が決定しました。

     会議資料は次のとおりです。

     新型コロナウイルス感染症に関する対応方針

     中止・延期となるイベントの一覧