林泉寺長藤まつりが開催されます

林泉寺の長藤まつりが4月23日(日曜日)から開催されます。

 吉田町片岡地区の一角にある、南北朝時代に開山された禅寺、林泉寺の境内に咲く長藤が見ごろを迎えます。

 美しい花を咲かせ、甘い香りとともに淡い紫色の花房が垂れ下がり、境内は紫の藤棚を楽しむ人で賑わいます。

 まつり期間中は、長藤保存会によるおでんの販売や展示会が行われます。

 また、初日の4月23日の午前10時から尺八奏者の繩巻修己氏の演奏も開催されます。

林泉寺の長藤については、牧之原市の東光寺の和尚より、小指大の長藤の一芽を譲り受け、境内にあった山藤に接ぎ木したのが始まりです。その親木である東光寺の長藤は、磐田市にある行興寺の国及び県指定天然記念物として有名な「熊野の長藤(ゆやのながふじ)」を譲り受けたもので、林泉寺の長藤は、言わば、熊野の長藤の孫にあたります。

開催日時:4月23日(日曜日) ~5月5日(金曜日)13日間

見 頃:4月下旬から5月上旬(※天候により変動します)

開催場所:林泉寺(榛原郡吉田町片岡2599)

料金:拝観無料

駐車場:小山城駐車場(無料)

アクセス:東名吉田I.Cより車で約5分

お問合せ:0548-33-2122(吉田町観光協会)

0548‐32-1356(林泉寺)

※会場のトイレは限りがございます。小山城駐車場にトイレがございますのでそちらを御利用ください。

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください