静岡県内において、「百日咳」が流行しています。

 「百日咳」とは、特有の連続する咳を特徴とする急性気道感染症で、患者の咳やくしゃみで感染します。

 発症しても年長児や成人では長引く咳のみで命に関わりませんが、百日咳ワクチン未接種の新生児や3ヶ月未満の乳児では重症になり、死亡する危険性があります。

 今後さらに流行が拡大する可能性も考えられますので、感染予防に努めましょう。

症状 等

 熱はなく、風邪様症状からしだいに咳が著名になり、典型的には連続性の咳が認められますが、新生児や乳児では無呼吸発作で始まることもあり、年長児や成人では典型的な連続的な咳は認められず、長引く咳だけのことも多いです。

治療 等

・治療は、マクロライド系抗生物質の1週間の内服が推奨されています。

・受診や診断が遅れると、抗生物質治療をしても咳が2,3か月続きます。

・抗生物質の内服開始後5日が経過するまでは他の人に感染させる力があり、登園・ 登校できません。また、無治療の場合は発症後3週間感染力が持続します。

ワクチン、免疫 等

・百日咳はワクチンでのみ予防できます。

・一度百日咳にかかった人でも終生の免疫はつきませんので、百日咳に再び感染する ことがあります。

・四種混合ワクチンには百日咳ワクチンが含まれますが、定期接種の4回では、免疫防御 効果の持続が短く、8割のお子さんで小学校入学までに百日咳の抗体が低下します。

感染防止対策 等

※百日咳の感染拡大を防ぐには

 ・生後3か月になったら、速やかに四種混合ワクチンを接種しましょう。

 ・年長児や成人で長引く咳がある方は、医療機関を受診し百日咳の検査を受けましょう。

※重症化する赤ちゃんへの百日咳の感染を防ぐために

 ・赤ちゃんのケアをする家族、医療従事者、保育関係者が百日咳の感染源にならないことが重要です。長引く咳は、可能な限り早く百日咳の検査を受けましょう。

 ・咳がある間は、手洗いをしっかりし、マスクをして赤ちゃんと接しましょう。

 ・小中学校等で百日咳が流行し、家庭に持ち込まれ赤ちゃんに感染します。

 ・長引く咳がある児童・生徒は、夏休み中に診察を受けましょう。

 

  百日咳が流行しています!

 

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください