新型コロナウイルス対策により、マスクを着用する機会が増えていますが、マスクを着用していると、口の中は湿っているため、のどの渇きに気づきにくく、水分補給を避けてしまいがちになり、気づかないうちに脱水が進んでしまう可能性があります。

 また、外出自粛により体力が低下していたり、体が暑さに慣れていないことで、熱中症リスクは高まっています。

 これから暑さが増してくる季節を迎えますが「新しい生活様式」における熱中症予防行動の5つのポイントを押さえて熱中症を予防しましょう

 ①暑さを避けましょう

 ②適宜マスクをはずしましょう

 ③こまめに水分補給しましょう

 ④日頃から健康管理をしましょう

 ⑤暑さに備えた体作りをしましょう

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

※出典:環境省・厚生労働省

PDFファイルは「こちら」になります。

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください