• 目的

  経営所得安定対策とは、需要に応じた米作りを推進するため、主食用米以外の作物の生産を進め、地域の特色あ

  る魅力的な産品を支援するために創設された国の施策です。

 

  • 主な支援

    ・水田直接支払交付金(産地交付金)

    水田にて飼料用米、麦、大豆等の戦略作物や野菜、花き等の高収益作物を作付した場合に支払われる交付金。

    作物ごとの交付金額については下記の資料をご確認ください。
    ※水田直接支払交付金の支援と対象となるのは、販売目的で対象作物を交付対象水田で生産(耕作)する販売農家・集落営農です。

     作物ごとの交付金額.pdf

    ・畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)

    麦、大豆、そば、なたねなどを作付した場合に支払われる交付金。

     

    ・収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)

    米、麦、大豆の当年産収入額の合計が標準的収入額を下回った場合にその差額9割を補填する交付金。

    ※ゲタ、ナラシ対策の支援の対象となるのは、認定農業者、集落営農、認定新規就農者です。

     

  • 申請について

  経営所得安定対策の加入については申請年度の6月25日までに交付申請書と営農計画書の提出が必要となりま

  す。

  加入を検討いただく方は、庁舎6階産業課農政部門までご相談ください。

  また制度の詳細は下記の農林水産省の経営所得安定対策のホームページからもご確認いただけます。

 

   農林水産省 経営所得安定対策(外部リンク)

 

水田収益力強化ビジョンについて

 吉田町において「水田収益力強化ビジョン」を策定したので、公表します。

「水田収益力強化ビジョン」は、地域の特色のある魅力的な産品の産地を創造するための地域の作物生産の設計図となるものです。地域の水田における作物ごとの取組方針・作付予定面積等を明らかにし、地域で共有することで、地域の特色ある産地づくりに向けた取組を更に推進することを目的としています。

 

  R3吉田町水田収益力強化ビジョン.pdf