2015年11月27日 作成
 子宮頸がん予防ワクチン接種後に、何らかの症状が生じ医療機関での治療が必要となったり、生活に支障が出るような障害を残すなどの健康被害が生じた場合、接種との関連性が認定されると医療費・医療手当が支給される場合があります。お心当たりのある方またはお困りな方は、吉田町健康づくり課(保健センター)までご相談ください。

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください