2016年1月21日 作成
 妊娠初期に風しんにかかると、お腹の赤ちゃんが先天性風疹症候群という病気になることがあります。吉田町では、先天性風しん症候群を防ぐために風しん及び麻しん・風しん混合ワクチンの接種費用の一部を助成しています。

対象者

吉田町に住所がある人で次のいずれかに該当する人
  1. 妊娠を予定し、又は希望している女性で、風しんウイルス抗体検査の結果が低い抗体価(HI法で16倍以下、EIA法で8.0未満、またはCLEIA法で4.0未満)の人。
  2. 低い抗体価であると判断された妊婦の夫および同居家族のうち、低い抗体価の人。
  3. 上記の1.の夫および同居家族のうち、低い抗体価の人。
※風しん予防接種を2回受けた人や風しんにかかったことのある人、妊娠している可能性がある女性は対象になりません。

助成額

  1. 風しんワクチンを接種した人 4,000円
  2. 麻しん風しん混合ワクチンを接種した人 5,000円

助成回数

1人1回 
※風しんワクチン、麻しん風しん混合ワクチンのどちらか

償還払いの手続き

※接種した日から60日以内に、保健センター窓口で申請してください。
  • 吉田町風しん予防接種費助成金交付申請書兼請求書
    保健センターで配布又は吉田町ホームページの「申請書ダウンロード」の「健康づくり課」からダウンロードできます
  • 風しん抗体検査の結果がわかるもの
  • 領収書
    接種した方の氏名・支払い金額・接種日・接種ワクチンおよび接種医療機関が記載されているもの(領収書に記載がない場合は、予防接種証明証・診療報酬明細書等を添付してください。)
  • 振込先の銀行口座を確認できるもの(通帳・キャッシュカードなど)
  • 印鑑(スタンプ式は不可)
  • 対象者2.または3.の方は、妊婦の母子健康手帳または女性の風しん抗体検査の結果がわかるもの

風しん抗体検査について

県では妊娠を希望する女性、妊娠を希望する女性の同居者または、低い抗体価であると判断された妊婦の同居者(いずれの対象者も抗体検査歴、風しんワクチン接種歴、風しん既往歴のある人は除く)を対象に、無料で「風しん抗体検査」を行っています。

問い合わせ先

中部保健所地域医療課 
電話 054‐644‐9273
http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-420a/yobousessyu/rubella.html

受付窓口

吉田町健康づくり課(保健センター)
電話 0548-32-7000

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください